ふぇみにん日記


2014-02-17 [長年日記]

_ [Music] 室内楽の公開?授業に応募 / Je me suis inscrit au stage de musique de chambre avec des amies musiciennes.

昨日の音楽会でプロコフィエフの小品を一緒に演奏したヴァイオリンのKさんに、また何か他の曲をやりませんか?と聞いたら、「チェロのMさんと一緒にトリオがやりたい!」とのこと。 で、どうせやるなら、もうすぐコンセルヴァトワールで開催される室内楽のアマチュア向けのレッスンに申し込もうよ!という話になりました。 ひー。

この(たぶん公開)授業は、アマチュアや学生向けに、プロの室内楽奏者の人たちが稽古をつけてくださるというとてもありがたい機会で、今年は3月の上旬と5月の上旬に2回行われます。 3月はさすがに時間がなさすぎるから、5月のにするかなと思ったら、チェロのMさんがその頃フランスにいない予定というので、3月のに応募することになりました。 というわけで、もう2週間半しかありません! 時間が短すぎるので、「ピアノはもうちょっと弾ける人を探したほうがいいのでは…」とか弱いことを言ったら、Kさんに「それじゃ意味ないじゃないですか!」と怒られたので、覚悟を決めてやることにしました。

とにかく時間がないので、急いで曲を決めないと! あ、でもその前にトリオの名前を決めないと!!(←大間違い) と焦りながら、曲を探すことにしました。 最初、Kさんはモーツァルトがいいかなぁと言っていましたが、ピアノトリオという形式で見れば、チェロのパートがいまいち重要じゃないのが気になりました。 じゃあベートーヴェンだったらチェロがもっと活躍するかなと思っていろいろ検討すると、ピアノトリオ第4番 Op. 11 『街の歌』の第二楽章が、チェロの美しい旋律から始まるとても綺麗なアダージョなので、三人で相談してこれにすることにしました。 余裕があれば第一楽章もやりたいけれど、3月のレッスン向けには、ちょっと短すぎる気もしますが、第二楽章だけに集中する方がよさそう。

で、トリオの名前は、三人ともスカーフを巻いて「スカーフ・トリオ (Foulard Trio)」とかどうかなぁ。。。


2014-02-16 [長年日記]

_ [Music] 第4回自宅音楽会 / La 4ème fête de la musique à la maison

子供A(ピアノ)とゆうな(ペダル)の合奏?Kさん(ヴァイオリン)とかずひこ(ピアノ)子供H(ピアノ)フランスの童謡の合唱(子供たち)子供A(ヴァイオリン)Mさん(チェロ)とかずひこ(ピアノ)

前回の自宅音楽会から二ヶ月ぶりの自宅音楽会です。 今回は、コンセルヴァトワールで知り合った10歳前後の子供の家族も誘ったりしていたのですがあいにく予定があわず、またいつもいろいろ弾いてくださるMisaoさんも参加できなかったので、やや小規模な音楽会になりました。

今回の曲目はこちら。

  • ピアノの子供向けの曲(子供A)
  • S. Prokofiev ヴァイオリンとピアノのための「五つのメロディー」から二曲目(か)
  • A. Webern 子供のための小品(子供H)
  • L. Papp ワルツ
  • フランスの童謡 "C'est la mère Michel" (ピアノ:か、歌:子供五人)
  • キラキラ星(ヴァイオリン:子供A)
  • B. Martinů おとぎ話(子供H)
  • P. Tchaikovsky ロココの主題による変奏曲(か)

今回は、「来てくれた子供みんなが参加して童謡を歌う」というのをやってみたら、すごくよかったので、次回はぜひあらかじめ曲を決めて歌詞も渡してからやってみたい。

子供Hは、マルティヌーの曲はもう2週間近く前にレッスンでは弾き終えた曲だったのでちょっと忘れ気味でしたが、今度の「評価」で弾くヴェーベルンは集中してなかなかいい演奏でした。

子供Aは、ゆうながペダルを踏みながら子供Aがピアノを弾くという合奏?をしたり、二ヶ月くらい前に始めたヴァイオリンで「キラキラ星」を弾いたりしました。 特にヴァイオリンは、普段のレッスンでは見られないような集中力だったので、ぜひ普段のレッスンからそれを見せて欲しいものです。

そんな子供Aのヴァイオリンの先生でもあるKさんとは、プロコフィエフの小品を合奏しました。 「プロコフィエフをやりませんか?」と言われた時は、「もうちょっと譜読みが楽なのの方がいいけれど…」とちょっと思ったりもしたけれど、やってみたらすごくいい曲で、やってよかった。

チェリストのMさんとかれこれ三ヶ月くらいやってきたチャイコフスキーの「ロココの主題による変奏曲」は、ついに今回が弾き納めです。これも、最初は「オーケストラ伴奏のピアノ版は大変なのよね…」とちょっと思ったりもしたけれど、やってみたらすごくいい曲で、やってよかった。 もうこの曲を弾かないのは少し寂しいけれど、記念に楽譜にサインをしてもらいました。

今回は出演者だけでなく聴衆も少なかったのですが、お向かいに住んでいる昔ピアノを弾いていたおじいさんを招きました。 ピアニストが仕事だと思っていたのは私の勘違いで、私みたいに趣味で弾いていたそうですが、久しぶりの音楽の時間にとても喜んでくださったみたいでした。


2014-02-11 [長年日記]

_ [Music][Conservatoire] コンセルヴァトワールのレッスン 46 / La 46ème leçon au conservatoire

前回のレッスンから一週間、46回目のレッスンです。

まずは、先週から始めたベートーヴェンのピアノソナタ第20番。 まだ全然ちゃんと譜読みもできていないけれど、元気に弾き始めて、装飾音のところもたどたどしいながらも何とか頑張って弾こうとしていました。 前半のソナタ形式の提示部のところしか練習していなかったので、そこで弾くのをやめたら、先生も「今週はここまで練習したのかな? ちゃんと頑張ったね」と努力賞をくれて、つづいていろいろなコメントをもらいました。 この曲は音階っぽい動きが何度も出てくるので、親指のくぐり方、またぎ方を今一度ゆっくりと弾きながら復習して、手全体がすーっと横に動くような感じで弾くように言われました。 その他の場所も、例えばモルデントのあとのシ・ド・ド♯・レ・レ♯・ミという部分のフレージングを例に挙げながら、常にフレージングを意識して、そのためにはどういう風に腕を使って、どういう風に手首を使うのがいいか、そういうことを自分で考えて弾くに言われ、そのためにもできるだけゆっくりと練習しようと言われました。

今週は先生もいろんな試験などでバタバタしていたので、これで終了。 来週は、来る「評価」で弾くヴェーベルンの曲を中心にやろうということになりました。


2014-02-05 [長年日記]

_ [Music][Conservatoire] コンセルヴァトワールのレッスン 45 / La 45ème leçon au conservatoire

前回のレッスンから一週間、45回目のレッスンです。

今日は最初に、今年度の「評価」の説明から。去年の評価は、別の先生の前で弾いて評価してもらう形式でしたが、今年も同じ形式で、ただし去年とは違う先生の前で弾くことになりました。

ちなみに、リールのコンセルヴァトワールにはピアノ科の先生は9人いて、それぞれ小学生から大学生くらいまでの年齢の生徒を幅広く受け持っていて、小さい時から「上には上がいる」というのを身近に肌で感じられる、この門下生の幅の広さと連続性みたいなのが、フランスのコンセルヴァトワールの大きな魅力だと個人的には感じています。

一番上のPôle supérieurという課程(日本で言えば音大の大学院みたいなもの?)で教えているピアノ科の先生は、その9人のうちの3人で、一人が子供Hの先生、もう一人が去年評価してもらった先生なのですが、今年評価してもらうのは最後のもう一人の先生、ということになったそうです。 私がその立場ならどうしようもなく緊張してしまいそうですが、子供Hは今のところそんなのおかまいなしに飄々と弾いているので、心配はいらなさそう。

レッスンはマルティヌーの「おとぎ話」から。 先週のレッスンで言われたとおり、自分なりにどういう風にルバートで弾くか考えて弾いて、先生にも「いいね、綺麗だね」と言ってもらえました。 ただ、テンポの変化はともかく、強弱の変化が音型に対していまいちあっていない感じのところを指摘されて、例えばラ↑シ↓ソ↑ラ↑レという音型でソが一番大きいのは変で、最後のレに向かっていく感じで弾くように言われました。 中間のトリオは、まだ左手の音量が大きすぎるのは指摘されましたが、でも今週から新しい曲を始めるためもあってか、この曲は「置いておこう」になりました。

続いて、ヴェーベルンの子供のための小品。 リズムの読譜が不確かなところも随分よくなりました。 ただ、それでも「ここはレガートじゃないよ」とか「ここはもっとはっきりアクセントをつけて」とか言われました。 実際、一度先生が横で「クレッシェンド!」とか「ここはピアニシモ」とか言いながら子供Hが弾いた時は、明らかにいつもよりずっとよくなって、「こんな風に、全てのニュアンスにしっかり気をつけて弾く」ように言われました。 そして、「うん、いいね、評価ではこの曲をやろう」と言われました。私はマルティヌーのおとぎ話を評価で弾くかなぁと予想していたので、ちょっとびっくりしましたが、子供Hも弾けば弾くほどこの曲を気に入っている感じだったので、あと二週間、何とかテンションを高めたまま練習できたらいいな。

引き続き"Bach à nos jours"の4A巻から、まず先生が選んだのは、ヤナーチェクの「草陰の小径にて」から第一集の二曲目「散りゆく木の葉」。 私にとって「草陰の小径にて」は、映画「存在の耐えられない軽さ」に出てきた美しい曲がその中にあると知っていつか弾こうと楽譜を買っていた思い出の曲集なので、そんな曲集の一曲を子供Hが弾くというのがとても感慨深い。

さらにもう一曲、ベートーヴェンのピアノソナタ第20番 Op. 49-2の第一楽章。前に弾いた二曲のソナチネは本当はベートーヴェンの作ではないらしいけれど、これは本当にベートーヴェンの作品。 この曲は、私たちがフランスで初めてMさんのピアノの発表会に参加したときに10歳か11歳くらいの女の子が弾いていたのを今でもよく覚えていて、当時の子供Hはピアノを初めて数ヶ月だったのに、月日が流れて今度は子供Hがこの曲を弾くというのがこれまた感慨深い。

レッスンの後は、また18時半からの火曜日コンサートに行って、ゴーベールのフルートのための幻想曲や、ドヴォルザークのチェロのためのロンドなど、室内楽をいくつか聴いてから帰りました。 帰るときにはケーキ屋さんはもう閉まっていたので、ご褒美ケーキは翌日に買うことにしました。