ふぇみにん日記


2014-11-16 [長年日記]

_ [Music] 第7回自宅音楽会 / La 7ème fête de la musique à la maison

子供A(ヴァイオリン)とMさん(チェロ) 子供H(ピアノ) 子供A(ヴァイオリン)とかずひこ(ピアノ) Kさん(ヴァイオリン)とMさん(チェロ)とかずひこ(ピアノ)

前回の音楽会から五ヶ月ぶりの自宅音楽会です。 今回は、この秋からピアノやチェロを始めた子供たち、子供の学校で知り合ったフィンランド人のお母さんとその子供、最近リールに引っ越してきた日本人家族の子など、初めての出演者も多い演奏会でした。

今回の曲目はこちら(年齢は適当)。

  • (曲名忘れたけれど四歳の子の演奏)
  • メヌエット BWV Anh 116(ヴァイオリン:子供A、チェロ:Mさん)
  • B. Martinů 「コロンビーナの踊り」(ピアノ:子供H)
  • こぎつねコンコン、とんぼのめがね(七歳の子とお母さんの連弾)
  • J. Burgmüller 「無邪気」(ピアノ:七歳の子)
  • B. Fleurette 「夢想」(ヴァイオリン:子供A、ピアノ:かずひこ)
  • ハ長調の音階(チェロを始めたばかりの八歳の子)
  • M. Clementi 「ロンド(ハ長調ソナチネの第二楽章)」(十歳の子)
  • 「春」(十歳の子とお母さんの連弾)
  • D. Cimarosa 「ソナタ R.23の第三楽章」(ピアノ:子供H)
  • フィンランド民謡「狐が子狐を悼む」(カンテレ:七歳の子、歌とグロッケンシュピール:お母さん)
  • C. Debussy 「小さな羊飼い」(ピアノ:子供H)
  • 「子供の行進」(ピアノ:六歳の子)
  • B. Bartok 「ミクロコスモス 142番と146番」(ピアノ:Misaoさん)
  • B. Bartok 「ミクロコスモス 37番」(ピアノ:十一歳の子)
  • G. Fauré 「ピアノトリオ第二楽章」(ヴァイオリン:Kさん、チェロ:Mさん、ピアノ:かずひこ)

ちなみにうちでは、午後からの音楽会なのに子供Aも子供Hも全然練習しようとしなくて、「今練習しない方が上手く弾けるとでも思っているの?」と聞いたら、「その方が集中できるもん!」とか言って、だったら音楽会で弾かないエチュードは朝に練習してね、というやりとりがありました。 いざ本番を迎えると、二人とも本当に集中して演奏していて、特に子供Hは最近少しスランプ気味だったこともあり、一皮むけた気がします。 今後は、普段の練習もそれくらい集中して弾いてくれたら嬉しいなぁ。

あと今回は、今年の夏に引っ越してきたお隣の方も招いていて、これまでは挨拶をするくらいの関係だったけれど、お互いにいろいろ自己紹介したり、普段こちらの音は気になりませんかとか会話できたりしたのがよかった。 そして、お隣の方も時々ギターを弾くそうなので、次回はぜひ弾いてくださいね!とお願いしたのでした。


2014-11-04 [長年日記]

_ [Music][Conservatoire] コンセルヴァトワールのピアノのレッスン 68 / La 68ème leçon du piano au conservatoire

前回のレッスンから秋のヴァカンスを挟んで三週間ぶり、68回目のレッスンです。

まずは、ドビュッシーの「子供の領分」から「小さな羊飼い」。

  • 冒頭などの右手だけの単音の旋律は良くなった。
  • それに続く𝅘𝅥𝅮.𝅘𝅥𝅯𝅘𝅥𝅮.𝅘𝅥𝅯𝅘𝅥𝅮.𝅘𝅥𝅯𝅘𝅥𝅮.𝅘𝅥𝅯...の部分がいまいちで、左手も強すぎる。
  • ドーシドーレミファミレドシみたいな音形で、薬指や小指で弾く音が弱かったりリズムが悪かったりしているので、ちゃんとよく聴いて、他の指と同じだけの鍵盤の抵抗を指に感じながら弾くように。
  • 左手の和音の半音進行のレガートのところは、ペダルを上手に使ってもっとレガートに。

などなど指摘されながら弾きなおすと、びっくりするくらいよく弾けて、先生に「それをいつも自分で聴いてやるように」言われました。今年度はこの「いつも自分で」というのを何度も言われている気がします。 子供Hは、レッスン前に「今日こそドビュッシーを終りにする!」と鼻息が荒かったのですが、先生からは「今日やったことがよくなったのを次回に聴いてみたい」と言われてしまいました。

次は、ヴァカンス前からの新しい課題曲の、チマローザの変ロ長調ソナタ R.23の第三楽章。 ときどきつっかえて弾きなおしたりはしていたけれど、この曲の初めてのレッスンにしてはそこそこ弾けたので、先生に「よく頑張ったね」と言ってもらえました。 その上で、八分音符が続くフレーズで、フレーズの形を意識して弾くように言われました。

最後に、また「いつも自分で考えよう!」と言われて、今日のレッスンは終り。


2014-10-14 [長年日記]

_ [Music][Conservatoire] コンセルヴァトワールのピアノのレッスン 67 / La 67ème leçon du piano au conservatoire

前回のレッスンから一週間、67回目のレッスンです。

まずは、ツェルニーの練習曲Op. 599-89から。 先週ボロボロだったので、正確にゆっくり、そして正確なまま少しずつ速く、という練習を一週間ちゃんとやってきたので、ずっとよくなりましたが、ちょっと慎重に弾こうとしすぎていた感じ。 先生からは「テンポが一定じゃないね」と言われ、もう一度弾きなおしたら、今度はちゃんとできました。

続いて、ショパンのイ短調ワルツ(遺作)。 これまでよりはずっと良い出来で、先生からも「いいね!」と言ってもらえました。 その上で、「テンポ・ルバートもいいし、よく歌えている。ただ、右手のメロディが、時々まだもう少し前に出てきていない時がある。左手を控えめに弾くことで、右手はそんなに大きくなくても十分に映える。もう一度冒頭を弾いてみよう」と言われて、弾きなおすとさらに良くなって、「そう! さっきとの違いは自分でもちゃんと分かる? それを、自分で集中して自分でやるように」と言われました。 最後に、「ブラボー!」と言ってもらえて、ようやくこの曲も「置いておく」になりました。 子供Hも、「これでケーキをゲットだね!」と満面の笑みでした。

そして、ドビュッシーの「子供の領分」から「小さな羊飼い」。 この曲も、良くなってきてはいるけれど、例えば冒頭などの右手の単音で弾くところで、レガートが甘かったり、急に音が大きくなったりしてしまいました。 そこで、ppでレガートのところを取り出して、音色とタッチに気をつけながら何度も繰り返し練習しました。 そして、先生に「この曲はもう少し続けよう。自分でもっと音色を意識して、練習するように」と言われました。

ドビュッシーの練習の途中で、すでに次のソルフェージュの授業が始まる時間になってしまったのですが、今日は秋のヴァカンス前の最後の授業なので、ちょっと延長して、ヴァカンス中の宿題の曲を選びました。 一つは左手の練習にツェルニーの練習曲Op. 599-92。もう一つは、チマローザの変ロ長調ソナタ R.23の第三楽章のAllegro。チマローザは、モーツァルトの7年前に生まれたイタリアの作曲家で、子供Hにとっては久しぶりのバロックで楽しみです。


2014-10-08 [長年日記]

_ [Music][Conservatoire] 子供Aのヴァイオリンのレッスン / Le cours de violon pour mon fils A

先月に、子供Aが導入課程の絃楽器入門のクラスでコンセルヴァトワールに入学し、45分の全員でのソルフェージュの授業と、45分のヴァイオリンの生徒だけのグループレッスンが始まりました。

すると、初回のグループレッスンの終りに先生に呼び止められて、「A君は第一課程の生徒と同じくらいに弾けるようなので、今のグループレッスンは続けながら、それとは別に私と個人レッスンをしませんか?」と提案されました。 こんな風に、生徒一人一人にあわせてとても柔軟に対応してくれるのがリールのコンセルヴァトワールの素晴らしいところで、もちろんよろこんでお受けしました。

昨日がその個人レッスンの初回で、私も横で聞かせてもらえたりするかな?と期待しながら子供Aを連れて行ったら、「子供だけでレッスンをしたいのですが、かまいませんか?」と言われて、「はい…」と退散しました。

そして今日、二回目のグループレッスンの終りに、昨日の個人レッスンがどうだっか先生に聞いてみると、「A君はちゃんと弾けているので、このまま個人レッスンを続けましょう」と言われてほっとしました。

グループレッスンではStepping Stonesという26曲入った簡単な曲集をやることになっているのですが、それの20曲目から26曲目までの計7曲が個人レッスンでの課題で、まず音名を声に出して読んで、次にヴァイオリンで弾くようにと。 どれもとても短い曲とは言え、いきなり7曲も課題で大丈夫かしらと思ったけれど、本人はやる気に燃えているみたいなので全然問題なさそう。

それに加えて、Maurice Hauchardの"Gammes et arpeges"、Charles Danclaの"36 études mélodiques et très faciles - op.84"、Otakar Ševčíkの"Op.1 - part 1 - méthode technique du violon"の三つの楽譜を買ってくるように言われました。 個人レッスンの方は、もはや「楽しくヴァイオリンを弾いてみましょう!」みたいな雰囲気じゃなさそうで、とても楽しみです。

具体的なレッスンの様子を子供Aから聞き出そうとしても、なかなかよく分からないことが多いけれど、寝る前に急に思い出したように語りだしてくれて、それによると絃楽器入門の全員でのソルフェージュの時間に、みんなの前でバッハのメヌエット(BWV Anh.116)を弾いて、みんなが手でリズムを取ってくれたらしい。 いい環境でヴァイオリンを学ぶことができて、子供A自身も幸せそうで何よりです。